七つの大罪 第16話演出

2018年6月10日

Pocket

みなさまこんにちは。声優の井村万里子です。

本日は、アニメ「七つの大罪 第16話演出」についてお話ししていきます。

 

アニメ「七つの大罪 戒めの復活」第16話演出


 

ということで、みなさまご存知、アニメ「七つの大罪 戒めの復活」の演出に木村社長が関わることになりました!!

演出に携わったのは5月5日放送の第16話「死の罠の迷宮」の回

ちなみに、北奈つきさんも原画で入っておりましたぁ~(^▽^)/

エンディングでお名前を見つけてみてください♪

 

七つの大罪とは


 

もともと、4世紀のエジプトの本に8つの「枢要罪」として書かれたのが始まりで、それが6世紀後半に8つから7つに改正され、今の「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憤怒」、「怠惰」、「傲慢」、「嫉妬」となりました。

 

〈アニメ「七つの大罪」について〉

週刊少年マガジンにて連載中の冒険活劇漫画。

2014年10月よりアニメ放映スタート。

第1期:アニメ「七つの大罪」

2014年10月~2015年3月(全24話)

第2期:アニメ「七つの大罪 戒めの復活」

2018年1月~

 

第16話「死の罠の迷宮」


 

みなさまいかがだったでしょうか。

記憶をなくしたディアンヌと王女エリザベスとの友情やメリオダスとエリザベスのお互いを想い合うシーン、そして、そのほかのメンバーの葛藤が描かれていましたね!!

 

そこに可愛いホークちゃんの存在

きゅっとなった心を溶かしてくれました(´▽`*)

 

次回が待ち遠しいですね☆

 

横のつながりが強いA-1Pictures


 

これまで、木村社長はさまざまなアニメーション制作会社にてアニメーション制作に関わって参りました。

 

アニメーション制作会社で同時期に数本のアニメを制作していることはざらにあります。

通常ですと、アニメ作品ごとの班に分かれておりお互いに干渉することはほぼありません。

 

しかし、今回お世話になりましたA-1Pictures様は、他に見ない横のつながりが強く、自分たちの班の作業が終わり次第違う班の作業の加勢にくるなど、本当にみんなで創りあげているのが分かりました。

 

素敵な面が見えた半面、現在のアニメーション業界の現状も少し垣間見えたものも・・・。

 

年々アニメーション業界では、人手が不足しており、以前のブログでもご紹介しましたが、会社に入らずとも絵が好きな人が部分的に関われるチャンスがあるほど。

 

今回のA-1Pictures様でも、七つの大罪シリーズの制作を行うほど大きな会社様でも、アニメーターさんが不足していたりなどの現状がありました(´;ω;`)

が、そのマイナス面をカバーできる人がそろっているのもまた事実。

仕事の分担がしっかりなされていたり、仕上げが恐ろしく早かったり、

次に取り掛かるまでのスピードが早かったりと・・・。

あとは先に述べた横のつながりですね(*´ω`*)

 

ここまでお話ししてきましたが、A-1Pictures様、本当に素敵な制作会社様なことがわかります。

 

こんな素敵な会社を目指したいと思うぶりおアニメーションでございます。

 

 

士のように勇ましく、

き(好き)な人と

を以て貴しとなし創る

 

 

お時間を割いて読んで下さいまして

本当にありがとうございました。

 

 

井村 万里子

井村 万里子

声優。俳優。
元食品メーカー営業勤務。
芝居の魅力に惹かれ脱サラ。
ぶりおアニメーションブログ担当。
趣味:観劇・珍味料理を食べること。