ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. アニメ制作
  4. 君が望む永遠~ストーリー編~

君が望む永遠~ストーリー編~

みなさまこんにちは。声優の井村万里子です。

本日は、「君が望む永遠~ストーリー編~」についてお話ししていきます。

 

君が望む永遠とは・・・


 

2001年8月3日にâge(アージュ)様より発売された恋愛アドベンチャーゲーム。

 

〈ストーリー〉

白陵大付属柊学園に通う3年生の鳴海孝之は、目標に向かって頑張る親友の平慎二や速瀬水月を見て焦りはあるが進路を決められず、日々だらだら過ごしていた。

 

ある日、本屋で同級生の内気な女の子と出会う。

その数日後、夏祭りに誘われた孝之と慎二の前に現れたのは本屋で出会った女の子、水月の親友の涼宮遥であった。

水月は必死に遥を3人の輪の中に加えようとするが、遥は避ける仕草をみせる。そんな姿に孝之は苛立ちを募らせていく・・・・。

 

そんなこんなある中、孝之は水月に呼び出され学園の裏側に。そこで待っていたのは遥。

孝之は遥に告白され、彼女を傷つけまいと告白を受けることに。

 

そして・・・

さまざまな危機を乗り越えた2人の付き合いはうまいこといこうとしていた矢先、デートの約束をした日に遥は交通事故に巻き込まれ意識が戻らない状態に。

 

それから3年後、絶望的だったところから、奇跡的に回復し昏睡状態から遥が目を覚ます。しかし、遥が眠っていた3年ものの間に周囲の人間関係は一変していた。

遥が昏睡状態になったことでそれぞれの悲しみに暮れたが、ようやく新しい人生を歩み始めようとした矢先の出来事。

しかも、遥は事故の後遺症によりこの3年間の時間経過を認識することができない。

遥とその周りを取り巻く人間の苦悩が描かれている・・。

 

果たして遥はまた孝之と元通りの関係に戻ることができるのであろうか・・・!!

 

 

ストーリーがいつにもまして長いと感じる方もいらっしゃるかと思います。

そうなのです。こちらの作品、恋愛ゲームにしては、内容がかなり重いし深い作品なのです(`・ω・´)

 

木村社長もこのように話されておりました。

基本的に演出をする際、自分の話数以外は見ないが、この作品に関しては全話見たよね。何度も(笑)

 

と仰っておりました

 

テレビアニメ「君が望む永遠」について


2003年10月~12月まで放映。(全14話)

 

〈木村社長のみどころ〉

◇孝之と遥の両親との関係。

→やはり、デートの待ち合わせに遅れてきた孝之に対し、もう関わらないで欲しいと思う両親の想い。そしてそれを直接告げてしまう。それにより、遥への想いとの間でどんどんぼろぼろになっていく・・・。

 

◆孝之と水月の関係

→遥が事故にあい、悲しみのどん底にいた孝之のそばで支えていたのは水月。水月もまた孝之を想っていた。

だが、親友である遥への想いもあり複雑な心境・・。

 

◇遥の妹の茜と孝之と水月の関係

→水月の後輩でもある茜。茜は水月のことをとても尊敬していた。しかし、孝之と水月の関係を知り、ショックを受ける。

 

◆遥の想い

→中心にいる遥といえば、孝之と水月にうまくいってほしいと願っている。

そして、最終的には、茜とリハビリし好きだった絵本作りをしていく・・・。

 

 

◇水橋かおりさんと上原ともみさんの演技

→今となっては誰もが知っているお名前ですが、当時はまだ無名に近い状態。しかし、すでに現場では逸材がいると言われていたそうです

現に、茜目線のストーリーである「アカネマニアックス」が作られるほど❢

 

 

まとめ


 

この作品を通して、人は一人じゃ生きていけないと語る木村社長。

 

この作品は、それぞれのキャラクターの精神的な葛藤が描かれており、見るのにもすごくエネルギーが必要です。最近だとほとんど見ないような作品です。

逆に最近ですと、すぐに満足する作品が好まれており、割とライトなものが多いです。

 

それは、現代の風潮なのかもしれませんが、ほんの少し考えさせる作品があってもよいのかもしれません。

 

考えさせるなんてすごく偉そうですし、そんな作品を考える方も大変ですが、もし、心の中にほんのちょっぴりでもそんな作品を創ってみたい欲求があるのであれば、創ってみてもよいのではないかとイムは思いました(`・ω・´)

 

ちなみにイムは重い作品、好きです❢(笑)

 

 

士のように勇ましく、

き(好き)な人と

を以て貴しとなし創る

 

 

お時間を割いて読んで下さいまして

本当にありがとうございました。

 

 

井村 万里子

 

井村 万里子

声優。俳優。
元食品メーカー営業勤務。
芝居の魅力に惹かれ脱サラ。
ぶりおアニメーションブログ担当。
趣味:観劇・珍味料理を食べること。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事