ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 声優ワークショップ
  4. 声優の役作りの一つとして「キャラクターリサーチ」

声優の役作りの一つとして「キャラクターリサーチ」

こんにちは!声優の岩本紗依です。

「木村 寛の声優スクール」お得なキャンペーンのお知らせ

2019年からスタートしたキャンペーンのお知らせです。

ぜひこの機会にご利用ください。
ご質問等ございましたら、お気軽に木村寛まで!

 

☆5回チケット発売
定価¥27,000(税込) → ¥25,000(税込)3ヶ月有効
+さらに初回無料(実質6回受講できます)!

☆10回チケット発売
定価¥54,000(税込) → ¥48,600(税込)6ヶ月有効 1回分無料!

☆ご紹介割引
1人ご紹介につき、参加費1回¥5,400(税込) → ¥4,320(税込)

 

ワークショップ参加申し込みフォーム

 

テーマは、

キャラクターリサーチ」です。

アフレコ実習の前に、自分が担当するキャラクターに関する事前課題として行なっています。

どうやってやればいいのか?何のために行うのか?
初めてワークショップを受講する方の参考になるように、お伝えしていければと思います。

 

ワークショップ詳細はこちら☆

 

□テーマ「キャラクターリサーチのやり方」

前回のワークショップブログで、世間と業界から“今”求められている声質を把握して
求められる存在にならなければいけないとお伝えしました。

「声優に求められる声とは」

キャラクターリサーチは、そういった今の市場を知るのに有効な取り組みです。

誰でもキャラクターを演じるにあたって役作りをすると思いますが、リサーチを行うことで
ふわっとしたイメージだけでなく、ロジカルに役を捉えることができるようになります。

 

キャラクターリサーチの項目

キャラクターリサーチシート(サンプル)

実際に使用しているキャラクターリサーチシートです。

 

「声優名・キャラクター名」
自分の配役に対して、競合する声優さんの名前・役名を少なくとも10人調べます。
・2〜3人は身近な先輩
・3〜4人は売れている人(若手・中堅問わず)
・3人はレジェンドクラス
上記のバランスで挙げていただけると良いです。

「リサーチ内容」
⚪︎⚪︎さんの△△役のときの芝居が、
・今回自分が演じるキャラクターとなぜ競合すると思ったのか
・その芝居から受ける印象について自分の感想、ネットの感想、知人の感想

「所感数値」
まず、自分の担当キャラクターに関する属性・性格を5つ挙げます。
例)クール まじめ 可愛い かっこいい ギャグ など

そしてそれぞれの声優さんが演じたキャラクターに対して
芝居を数値化して記入していきます。

「モデリングできること」
先ほどの「所感数値」から、自分の芝居に取り入れていくべき要素の優先度がわかります。
「リサーチ内容」で書いたその人の演じ方の特徴や癖、評価されているポイントをふまえて
セリフ処理や声色の雰囲気など、今回の役作りにおいて
モデリングできそうなことをピックアップします。

「考察」
総括として、例えば「モデリングできること」の中から何を重点的に取り入れていくのか?
また、リサーチから明確になった自分への課題や、伸ばしていくべき自分の持ち味など
調査した結果をまとめてください。

 

なぜシートを使用するのか?

 

ひとつの役を演じるのに10人も調べるのか…と疲弊する方もいるかもしれませんが、
シートに書き起こすのが手間だとか、単純に事前課題が苦手などの理由ではなく

そんなに声優さんを知らない」と思ってしまった方は要注意です。

声優を目指しているのにアニメを見ない、
今、売れている声優さんを知らないという受講生が少なからずいるそうです。

この仕事に限らず、市場を知らずに商品を売り込むのは無謀です。
声優として自分を売るには、すでに活躍している先輩方を知ったうえで
販売戦略を立てなければなりません。

声優なのだから「芝居ができるのは当然」である以上、
役者・キャラクター・お客様・クライアントに対して圧倒的なリサーチ力があれば
それは必ず強みになると思います!

 

キャラクターリサーチのメリット

 

木村監督がこのシートを使用するのは、
・頭だけで考えるのではなく、シートに書き起こす(入力する)
・リサーチしたことをワークショップ内で実践する

ということを重要視しているからです。

文章にしてアウトプットすることで、まず自分の役作りを自分で深く理解することができます。
そして、人にも「自分がどういう役作りをしてきたか」伝えやすくなります。
同時に、クライアントの言葉選びに対する感覚も研ぎ澄まされるため、
ディレクションへの対応力が上がります。

リサーチは事前課題ですので、皆さんがどう考えて作ってきたか
木村監督に読んでいただいた上で芝居を聴いてもらうことができます。

・キャラクターリサーチの結果が芝居に反映できているか
・そもそもリサーチしてまとめた芝居の方針が、クライアントの要望と合致していたか
(ワークショップの場合はクライアント=木村監督)

実際の現場やオーディションに向けて実践に活かしていけるように、
親身にアドバイスしていただくことができます。

 

最後に。
アニメは大好きだけど、最近の作品は観ていない…という方!
受講生の中には芝居が古い方もちらほらいらっしゃると聞きました。
キャラクターリサーチではぜひここ数年の作品からも
声優名・キャラクター名を数名挙げられるように取り組んでみてください。

私の主観ですが、個人的にキャラクターリサーチをやる際には
アニメに関わらずアプリゲームから声優名・キャラクター名を挙げてもいいと思います。
キャラクター属性がはっきりしていて、短いポイントボイスに要素をぎゅっと詰め込んでいるので
モデリングできるところを探しやすく、しかも取り入れやすく、とても参考になっています。

 

木村 寛の声優スクールでは

 

・成澤卓アシスタントによる基礎滑舌講座
・AR練習
・体幹トレーニング
・課題、キャラクターリサーチを紙に書く事による知識の定着を促す

この4つを主題にレッスンを行っています。

では、木村 寛の声優スクールで会える事を楽しみにしております。

 

ワークショップ開催日程

毎月第2・第4日曜日

12時~16時

開催場所

SSP (高田馬場駅から徒歩5分)

アクセス

ワークショップ参加申し込みフォーム

【参加費】
5000円/回 (税込5400円)

【定員】
10名

ご参加お待ちしております!

いわもと さより

声優・ナレーター

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事