ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. トリプルスレット
  4. トリプルスレットが出来るまで『その1』

トリプルスレットが出来るまで『その1』

木村寛原作、コンテアニメーション『トリプルスレット』
原作コンテンツ
を創作する中で、株式会社武犂和アニメーションを起業する
経緯等を何回かに分けて話していきたいと思います。

アニメーション業界で監督を目指しいる人なら誰もが思う
自らの原作をアニメ化したい!
この夢を持って業界に入り、制作、演出助手、作画、色彩、背景、撮影、CG
等、様々入口から監督を目指して行き、演出を経て監督になっていきます。

監督になるには、しっかりと長期的なビジョンを持ち
目の前の仕事を着実にこなし、業界を辞めず、監督になる事を
諦めない夢追い人は監督にはなれると木村は思いますし、そうであって欲しいです。

そんな木村も2012年に「リコーダーとランドセル ド♪」で監督デビューを
させて頂きました。
プロフィール
http://www.takeshobo.co.jp/sp/tv_rikoran/
(リコーダーとランドセル♪ド  レ  HP)

その後、製作委員会方式によるオリジナル作品や既存の出版物の原作作品
ゲーム等の監督させて頂きました。
http://hai-tai.jp/
(はいたい七葉HP)
http://dreamcreation.co.jp/militari/
(みりたり!HP)
http://www.dreamcreation.co.jp/danchigai/
(だんちがいHP)

『みりたり!』からはシナリオも任せて頂ける様になり、ショートアニメでは
シナリオ、絵コンテ、演出業をメインに編集や音響監督も任せて頂ける
ようになってきました。

監督自らシナリオを書く事によって、より原作者と密な話が出来、
作品のテーマやキャラクターの描き方、ストーリー展開や想いを
間近で触れる事が出来、とても貴重な経験をさせて頂きました。

それとは別に、日頃アニメや漫画を見ている時に、熱狂して
見続けている作品が、途中から木村の想像とは別の展開に
なり、ちょっと心に穴が開きポカーンっとなってしまう状況に巡り合う事
が多くなりました。

勿論原作者と僕とでは、バックボーンが違うのだから考え方も好みも違うますし
原作者はその作品の創造主!自由に創作する事が出来る唯一の人。
それなのに、何故方向性を変えてしまったのだろう・・・このキャラを
退場させた意味は・・・この展開は・・・
と疑問を強く持つ様になりました。

監督として、原作者から聞いた貴重なお話
日常に見たり読んだりする原作の情報!
このインプットの蓄積が容量を超えて、
業界歴約20年になって、やっと本気で

「自ら原作を描こう」

と思い、決意しました!

今回はトリプルスレットと言うよりは、原作を描こうと
決意して話になってしまいましたね

次回はトリプルスレットの原作についてお話すると
思います。

トリプルスレットに対するご意見ご感想を
お気軽に頂ければ幸いです。
アンケート

下記のコメント欄からの投稿もお待ちしております。
入力後「コメントを送信」をクリックして下さい。

これからも武犂和アニメーションを
宜しくお願いします。

木村 寛

2017年4月アニメ制作会社、株式会社ぶりおアニメーションを設立
アニメ監督、演出、制作、作画業務を基盤にアニメ原作、アニメ演出、作画、声優の講師、アニメを使った新しいコンテンツ作成中
『和の心を持って、好きな人と楽しくアニメを創っていく』をモットー突き進む、呑兵衛です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 5月 11日

関連記事