「トリプルスレット」第三話 web アニメーション 配信スタート

LINEで送る
Pocket

先週のPV第三弾に引き続き、本編第三話を配信スタート
させて頂く事ができました!

スタッフ様キャスト様、関わって頂いた方本当にありがとうありがとう

ございます!

 


メインテーマは声


トリプルスレット第三話は、『声』がメインテーマになる話数です。

集団競技においては、声で連携を取る事がとても重要になってきます。

 

その声の出し方を木村なりのアレンジで作中に入れ込んでみました。
声と言っても、声にはいろんな役割だったり種類があったりします。

 

歌手の声

役者の声

スポーツ選手の声

上記の3つの声は、役割だったり求められる声に違いはありますが、
確実一つだけ共通点があります。

腹式呼吸で声を出す!

 

この腹式で声を出せた時の、声の強さや伸び通りの良さは
胸式呼吸で出した声とは雲泥の差です。

胸式の声というのは、日本人の半分ぐらいが日常会話で使う声だと
思って頂けると想像しやすいかな~と思います。
何故腹式呼吸から出す声が大事か

ミニバスに限らず集団競技のスポーツは、地区大会、県大会、全国大会と進んでいくと
試合会場も大きくなり、観客の声援等で、選手間の声は届かなくなってなって
いき、届かない声では連携が取りづらくなってしまいます。
ちゃんと声が通れば、練習通りの連携が出来て良いプレーが出来ます。
小学生の頃から、しっかりと腹式呼吸のやりかたを覚える事は、
様々分野で良い結果が得られると思います。

 

この様な話を去年中学の同窓会で話をした所、ある大学でバスケ部のコーチ
をしている同級生から、以下のサイトを紹介させて頂きました。

http://www.japanbasketball.jp/

日本バスケットボール協会のサイトで
ジュニア時代から指導要綱が徹底され、世界に勝つ為に必要な指導者自体の教育に
かなり力を入れているのが分かります。

コーチ体験が出来たり、日本のバスケの今後を詳しく聞ける
事が出来たりしますので、バスケをプレーしたい方、バスケ観戦が好きな方、

木村みたく作品作り知識として取り入れたい方
アクセスしてみて下さい。

 

この場を借りて、色々と相談に乗ってもらって、コバ~、
ありがと~(*^▽^*)


以下、『トリプルスレット』第三話の
スタッフ、キャストになります


<スタッフ>

監督:木村寛

キャラクターデザイン:北奈つき

音響効果:白石唯果

選曲:山田稔

ARスタジオ:HypersonicSTUDIO

録音:南雲和晴

音響協力:中里茂

編集:金山慶成

エンディングテーマ:

愚かなる彗星(ヒカリ)

歌、作詞作曲:asAhi

編曲:望月ヒカリ

 

アニメーション制作:ぶりおアニメーション

 

<キャスト>

美里香:北奈つき

蒼井菊子:幸田夢波

美里雄一:成澤卓

ミコ先生:水川秋穂

矢田コーチ:鵜澤宏明

黄黄:asAhi

飯母:水川秋穂

藤生:北奈つき

内田:成澤卓

柏田:幸田夢波

スズキのおじさん:鵜澤宏明

 

c木村寛/武犂和アニメーション


☆9月2日(土)#3配信(全6話予定)


☆コンテアニメーションとは

原作コンテンツ

 

 

お気軽にご意見ご感想を

頂けると嬉しいです。

お問合せ

 

士のように勇ましく、

き(好き)な人と

を以て貴しとなし創る

 

 

これからもぶりおアニメーションを

宜しくお願いします。

PS

先週のPV第三弾から、編集で金山慶成さんを迎えさせて頂きました。

金山さんとは、『はいたい七葉』『みりたり!』『だんちがい』で編集、

編集助手をやって頂いた同志です。
色々拘って頂き、コンテ以上のつなぎ方をしてくれるので、非常に助かりました。

金山君!ありがと~(*^▽^*)

木村 寛

2017年4月アニメ制作会社、株式会社ぶりおアニメーションを設立
アニメ監督、演出、制作、作画業務を基盤にアニメ原作、アニメ演出、作画、声優の講師、アニメを使った新しいコンテンツ作成中
『和の心を持って、好きな人と楽しくアニメを創っていく』をモットー突き進む、呑兵衛です。