リサーチの重要性☆

LINEで送る
Pocket

みなさまこんにちは。声優の井村万里子です。

本日は、「リサーチの重要性」についてお話ししていきます。

 

 

リサーチとは・・・


 

「調査」や「研究」といった意味でつかわれる言葉ではありますが、

では、調査・研究とは?

 

  • 調査・・・物事を明らかにしていくこと
  • 研究・・・物事について深く考えたり、調べたりして真理を明らかにしていくこと

 

さて、これからお話ししていくことは調査なのか研究なのか。

みなさまの受け取り方にゆだねます!(笑)

きっと個々によって変わってくると思います♪

ではいってみよーっ!

 

監督がリサーチを行う意味 


 

以前、少しだけお話ししたことがあるかもしれません。

(気になる方はこちら→タイラー監督

代表の木村寛が2年ぶりに監督を務めるとなった際、

リサーチを行ったという話を覚えていますでしょうか。

 

プロデューサーではなく監督自ら行っていることが

私はすごいと思ったことを覚えています。

 

言われた、頼まれたものだけ行ってももちろん良いと思うのです。

でもそこに周りよりも飛びぬけたものがあるかといえば、ないと思います・・・。

これも絶対ではありませんが

 

プロデューサー目線のリサーチでなく、

あくまで監督だからこそできるリサーチがあります。

 

そのリサーチ項目に磨きがかかっていくとより面白いアニメーション作品が

創っていけるのではないかと思います。

 

面白いアニメーションとは 


 

みなさんが思う面白いアニメって何ですか?

どんな作品・どんなシチュエーションを見て

感銘や影響をうけたりするのでしょうか。

 

おそらくこれは、男女でも違うだろうし、

年代によっても変わってくるのだと思います。

 

私の場合は、子供のころ見たアニメがなにより心に残っていて、

それがきっかけで声優を目指したといっても過言ではありません。

 

ただ、そのときに感じていたことといえば、

ミステリー系の作品を見れば「怖い」、

ギャグ系のほのぼのしている作品を見れば「おもしろい」など

本当にアバウトな感情のみです。

 

今その作品を見ると、なつかしさもありながら、

また違った感情が生まれてきます。

 

例えば、改めて見るとすっごく感動したり、

昔以上に共感したりなど、アニメーションの影響力の高さを感じますね!

 

その中で、

  • より感銘をうけるもの
  • どこかで見たことあるような作品
  • 面白い作品

と大きく3種類に分類される気がします。

 

 

より感銘を受ける作品についてはこのリサーチがしっかりなされていて、

かつ作品を創る方の魂さえも込められているように感じます。

 

 

ここまで、リサーチの重要性についてお話ししてきましたが・・

いかんせん時間がかかってしまうことが難点です。。。

 

ほとんどの方がこのリサーチの時間が無駄だと思うかもしれません。

 

しかしながら、この時間を作るか作らないか、

かけるかかけないかはその人次第です。

 

この時間を設けたからといって

必ずしも面白い作品ができるわけではありません。

 

あくまでひとつの方法です。

 

ただ、今の子供たちが大人になった時に

もう一度見たいと思う作品を創るには・・・

何もなしにはいきませんよね(笑)

 

 

そんな時代を超えて何度でも楽しめる作品を創っていきたい

ぶりおアニメーションでございます。

 

士のように勇ましく、

き(好き)な人と

を以て貴しとなし創る

 

 

お時間を割いて読んで下さいまして

本当にありがとうございました。

 

 

井村 万里子

 

 

 

 

井村 万里子

声優。俳優。
元食品メーカー営業勤務。
芝居の魅力に惹かれ脱サラ。
ぶりおアニメーションブログ担当。
趣味:観劇・珍味料理を食べること。